シンガポールカジノを目指す妄想

さて今日こそは、シンガポールカジノのマリーナベイサンズへ向かうぜ。

「そんな近所のお店に行くような感覚じゃ、無理と思うが...?まず、計画を立て、立案から始まるわ。事件は現場じゃ非ず。会議室で起きてます!」それ無関係じゃ...。

「まー発言してぇセリフでしょ?とにかく!シンガポールカジノ?マリーナベイサンズだろ!中学生じゃ不可能。勿論貴方が日本人でなく、現地人は近場までGO可能だろーが」

はあ...夢を壊すなよ。俺は今、空想の中でシンガポールカジノへ旅立ち、様々にゃギャンブラーと熱き血潮を。

「へー、でも行った事もねー場所、妄想出来る?諦めな。つーか、そんな事言ってる暇あれば、勉強せー」

シンガポールカジノについてなら、幾らでも勉強OKだぜ!!「もう...何で今日はそんな聞き分けのねー子?何いつもは、もっと従順じゃん。まるで洗脳され...洗脳状態?」

違うわ、映画の見すぎ。パラサイト?「うーん、特に映画見た覚えは...。と言うか、私より貴方!なぜ固執?」